知っているようで知らない、光学機器の全て

>

単純に、光といえば照明のことも考えられる

半導体を使って作られているLED

LEDという言葉は聞いたことがあると思いますが、実はこれにも半導体は使われています。
普通の蛍光灯や白熱電球などとLEDとの最大の違いは、光を発する原理です。
普通の蛍光灯は、細い金属線を熱して光を発生させる仕組みですが、LEDはプラスとマイナスの電気がくっついて発行する仕組みになっています。金属線を熱するエネルギーが必要なく、金属線の寿命に関係なく電気が長持ちする仕組みです。価格は少し高めですが、蛍光灯や白熱電球の寿命を考えれば妥当な価格ではないかと思えます。つまり長い目で見ればお得ということです。
それでもまだLEDが出始めの時は購入するのに躊躇される方も多かったのは、中々そのお得感が実感できなかったからと言えます。

資源を無駄にしないLED

今までの蛍光灯や白熱電球は、かなり消耗品の扱いで、使えなくなったらゴミとして捨てられる運命にありました。
しかしこのLEDが開発されてからはまず寿命が長いので使い捨て感覚ではなくなり、またリサイクルして再利用できるところは出来るようになっているので環境にも優しいといえます。
一時の出費は少し痛いけれど長い目で見たら経済的、という認識も広まってきたので、今ではかなりの普及率を誇っています。団地やマンションなどの廊下で使われている電球も、今ではLEDに切り替えているところも多いのではないでしょうか。とくにこういった共同住宅では電力はなるべく抑えたいものだと思いますので利用にも積極的なのでしょう。
限りある資源を長持ちさせるために新亜光学工業株式会社をはじめ様々な企業でこういった製品の開発に日々励んでいらっしゃるのかと思うと、私も出来るところから環境保護について行動していきたいと考えさせられます。


この記事をシェアする

TOPへ戻る